椎間板ヘルニア

椎間板ヘルニア

こんな痛みでお悩みではありませんか?

  • 腰・お尻・脚が痛み、しびれる
  • 椅子に座ったり前かがみになると、痛みやしびれを強く感じる
  • 痛みが放散したり、足に力が入りにくい
  • 歩きづらい、つまずきやすい
  • 動きにくく、重いものを持つと痛みが強くなる


椎間板ヘルニアが原因かもしれません。

椎間板ヘルニアの症状

椎間板ヘルニアの症状は、主に腰・お尻・脚の痛みやしびれで、椎間板が飛び出した場所に発生します。
椅子に座ったり前かがみになったりすると、痛みやしびれを強く感じることが特徴です。
症状が重くなると、歩きづらくなったりつまずきやすくなったりするなどの運動障害がみられるようになります。

椎間板ヘルニアの症状の説明

椎間板ヘルニアとは?

椎間板とは

椎間板とは、背骨を構成している椎骨の間にある軟骨で、衝撃をやわらげるクッションのような働きをしています。

ヘルニアとは

ヘルニアとは、体の一部が本来あるべきところから飛び出してしまった状態を指すもので、脱腸やでべそもヘルニアの一種です。


椎間板ヘルニアは、椎間板がなんらかの原因によって本来あるべき場所から飛び出したことで起きる病気です。
腰椎椎間板ヘルニアは男性によくみられる病気で、発生数は女性の2倍ほどになります。年齢別では20代~40代に多くみられます。

椎間板ヘルニアの原因

痛みやしびれが起きるメカニズム

椎間板は、中央部にある髄核(ずいかく)とそれを取り囲む線維輪(せんいりん)でできています。この線維輪に生じた亀裂からはみ出した髄核が神経を圧迫し、痛みやしびれが起きるのです。
髄核が飛び出してしまう原因は、主に2つあります。1つ目は激しい運動をしたときや重い物を持ったときなど急激に起きるもので、青年層によくみられます。椎間板にかかった強い圧力によって、髄核が飛び出すというケースです。2つ目は加齢によって椎間板の水分が減っていくことでクッションが弱くなるために起きるケースです。長時間のデスクワークや車の運転などで腰椎に負担がかかり、クッションが弱くなった椎間板から髄核が飛び出してしまうことで発症します。

椎間板ヘルニアの原因と椎間板

椎間板ヘルニアが治らない理由

椎間板ヘルニアでは、飛び出した椎間板が神経を圧迫することで、痛みやしびれなどの症状が起きています。しかしこれらの症状は神経だけによるものではなく、痛みとしびれによって周囲の筋肉や関節が緊張することによる痛みも含まれているのです。

つまり、椎間板が正常な状態に戻って椎間板ヘルニアそのものが治ったとしても、周囲の筋肉や関節の緊張をほぐさなければ症状は消えず、いつまでも治らないということになります。

根本整体五つの要

腰椎に負担を掛けたり、筋肉や関節に過度の緊張を与えたりするようなライフスタイルを続けていると、椎間板ヘルニアはなかなか治りません。
つまり、椎間板ヘルニアが治らないのは、痛みやしびれのある部位の緊張と、好ましくないライフスタイルを放置しているからなのです。

根本整体 通常8,800円のところ 初回のみ5,600円 MSMメソッド 通常7,700円のところ 初回のみ4,900円 約60分
根本整体 通常8,800円のところ 初回のみ5,600円 MSMメソッド 通常7,700円のところ 初回のみ4,900円 約60分

\ ご予約・ご相談はこちら /

\ 24時間受付 /

石神井さくら鍼灸整体院
ご予約・お問合せ:03-3904-1788
受付:9:00〜18:00(土日祝は17時まで。※祝日は休業の場合があります)
最寄駅:西武池袋線「石神井公園駅」から徒歩4分
住所:東京都練馬区石神井町3丁目27-4

椎間板ヘルニア Q&A

病院で手術を勧められたけれど、迷っています。

椎間板ヘルニアの手術では、症状の原因となっているヘルニアを切除します。切除した部位の上下にある椎間板の負担が増えてしまうため、手術後に再発する方も少なくありません。手術をせず保存療法を行うことが主流となっています。

ブロック注射に後遺症はありますか?

ブロック注射は、痛む部位の神経付近に麻酔薬を注射することによって痛みを和らげるものです。一時的に痛みを抑えるだけのものと受け取られることがありますが、興奮した神経を落ち着かせることで筋肉の緊張をほぐし、痛みを和らげるという効果もあります。ただし効果には個人差があり、高齢者や基礎疾患がある方の場合、神経障害や局所麻酔中毒を起こすリスクもあります。

ビタミンB12製剤で痛みは取れますか?

ビタミンB12が欠乏すると、手足のしびれや歩行困難など神経機能の低下がみられるようになります。したがってビタミンB12は、神経機能の維持や修復に役立つ栄養素といえることから、摂取により椎間板ヘルニアによる神経痛の軽減が期待できるものです。すでにビタミンB12を十分に摂取できている方には、必要ありません。

ストレッチはいつからできますか?

椎間板ヘルニアで痛みやしびれが強い時は、安静が一番です。ストレッチは、症状が和らいでから行ってください。ただし自己流ではなく、専門家の指導のもとで行うことをおすすめします。以下の3点に注意しながら、無理のない範囲で行いましょう。

①反動をつけない
②呼吸を止めない
③無理に伸ばそうとしない

椎間板ヘルニアの再発を防ぐ方法はありますか?

腰椎ヘルニアは、腰椎に過剰な負担がかかると再発しやすくなります。腰椎に負担を掛ける大きな要因は、正しい姿勢を保つための筋力の低下です。姿勢に気を付け、適度に運動することで椎間板ヘルニアの再発を防ぐことができます。また、内臓が悪いと前かがみになりがちです。暴飲暴食を避け、ストレスを溜め過ぎないようにすることも大切です。

電話受付時間:9:00〜18:00(土日祝は17時まで)