脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症

こんな痛みでお悩みではありませんか?

  • 腰から下肢が痛み、しびれる
  • 歩いているとしびれや痛みが出て歩けなくなる
  • しばらく前かがみになって休むと治まって歩けるようになる
  • 両足のしびれ・だるさ
  • 両足の異常感覚


脊柱管狭窄症が原因かもしれません。

脊柱管狭窄症の症状

脊柱管狭窄症の主な症状は、腰から下肢(股関節から足指にかけての部分)のしびれ・痛みです。歩いているとしびれや痛みが出て歩けなくなりますが、しばらく前かがみになって休むと治まって歩けるようになる間欠跛行(かんけつはこう)も、よくみられます。症状は、片足のお尻や下肢に表れるケースと、両足のしびれ・だるさや異常感覚がみられるケースがあります。なお、失禁などの排尿・排便障害や麻痺がある場合は、すぐに医療機関で診察を受けてください。また、末梢動脈疾患や糖尿病の合併症でも似た症状がみられることがあります。椎間板ヘルニアでも同様の症状がみられますが、椎間板ヘルニアは若い世代に多いもので、腰部脊柱管狭窄症は50歳以上の中高年にみられることが多いものです。

脊柱管狭窄症の説明図

脊柱管狭窄症とは?

脊柱管狭窄症とは、脊柱管が狭くなってしまう病気です。脊椎は、椎骨という骨がブロックのように積み重なってできています。椎骨には穴が空いていて、ここを神経が通っているのです。積み重なった椎骨は、1本の管のようになっていることから、脊柱管と呼ばれています。この脊柱管が加齢に伴う背骨の変形によって狭くなると、中を通っている神経を圧迫されるようになり、しびれや痛みが発生するのです。

脊柱管狭窄症の原因

痛みやしびれが起きるメカニズム

脊柱管狭窄症は、脊柱管が狭くなることによるものです。脊柱管が狭くなる原因は主に加齢であることから、脊柱管狭窄症は老化現象ともいえるものです。脊柱を形成している椎骨の間には椎間板や黄色靭帯があり、背骨を安定させています。しかし、加齢とともに椎間板や黄色靱帯に変形や変質がみられるようになるのです。それにより脊柱管が狭くなり、中を通っている神経が圧迫されることで、痛みやしびれを伴う脊柱管狭窄症が発症します。なお、腰に負担を掛ける作業や肥満のほか、骨粗しょう症や側弯症などは脊柱管狭窄症のリスクを高める要因です。

脊柱管狭窄症の説明図

脊柱管狭窄症が治らない理由

脊柱管狭窄症は、脊柱管が狭くなって中を通っている神経を圧迫するために、痛みやしびれなどの症状が起きるものです。脊椎管狭窄症の治療では、マッサージや温熱などの物理療法やコルセットの装着、痛み止めや注射などの薬物療法が一般的です。手術では、狭くなった脊柱管をプレートやスクリューなどで広げて固定します。

しかし、上記の治療法では治らない、あるいは治ったと思っても再発するというケースが多いのです。その理由は、一般的な治療法では神経が圧迫されている部分だけに対するアプローチとなっており、根本的な原因を放置したままにしているからにほかなりません。

つまり脊柱管狭窄症の治療では、狭窄部位だけを診るのではなく身体全体を診る必要があるのです。

根本整体五つの要

「根本整体」とは、つらい慢性の痛みに特化した施術です。
痛みの現れているところに原因はありません。「痛みとしてでている末端」、重心バランスを崩している「根本原因」五つの「重心点」をつなぐ「見えない道」を探り当て、悲鳴をあげているカラダの苦しみを取り除いていきます。

椎間板ヘルニア Q&A

コルセットをつけていると楽ですが、使い続けても大丈夫ですか?

コルセットで腰を固定すると、痛みのある部位の安静や姿勢の維持につながり症状が軽減されます。しかし、コルセットをつけ続けることで筋力の低下や血行不良をまねき、かえって悪化させることにもなりかねないのです。何より、コルセットの装着は根本的な解決にはつながりません。あくまでも一時的な使用にとどめることをおすすめします。

脊柱管狭窄症が自然に治ることはないのですか?

いわゆる通常の腰痛では、自然に治るケースがみられます。しかし脊柱管狭窄症の場合、加齢が主な原因であることから、何もしないで放置しておくと徐々に悪化していき、ますます治りにくくなってしまうのが現状です。また、歩けない状態が続くと筋力が低下し、引きこもりや寝たきりになるリスクも高まります。したがって脊柱管狭窄症は放置せず、早めの治療開始をおすすめします。

痛みを軽くするストレッチはありますか?

仰向けに寝て、両ひざを抱え込んだ姿勢を維持するストレッチは、脊柱管狭窄症による痛みを軽くする効果があります。このストレッチで痛みが軽くなるのは、脊柱管狭窄症で狭くなった部分を一時的に広げることができるからです。しかし、ストレッチの効果は一時的なものであり、脊柱管狭窄症を根本的に治せるというものではありません。

脊柱管狭窄症によい運動はありますか?

脊柱管狭窄症では、腰をそらすような動作はよくありません。ウォーキングで痛みが増しますし、脊柱管狭窄症を運動だけで治すのは難しいものです。あくまでも運動は補助的な位置づけと考えていただき、くれぐれも無理をされないようにしてください。

手術はしたほうがよいのでしょうか?

保存療法、特に軽度の運動療法が効果的であり一般的です。まず保存療法の結果を見て、手術を検討してみるのが宜しいと思います。また高齢で発症した場合、他の病気との兼ね合いや全身の健康状態によっては、手術することでかえって健康状態が悪化したり、寝たきりになったりすることも考えられます。したがって緊急を要するケース以外、手術の選択は慎重にされたほうが無難です。

根本整体 通常8,800円のところ 初回のみ5,600円 MSMメソッド 通常7,700円のところ 初回のみ4,900円 約60分
根本整体 通常8,800円のところ 初回のみ5,600円 MSMメソッド 通常7,700円のところ 初回のみ4,900円 約60分

\ ご予約・ご相談はこちら /

\ 24時間受付 /

電話受付時間:9:00〜18:00(土日祝は17時まで)