腰痛、右側だけ痛む原因は?どうしたらいい? 

右腰の痛みに悩む女性

「右腰だけが痛い」「いつも左腰が痛くなる」など、身体の片側だけが痛いという方は、少なくありません。

腰痛の原因にはさまざまのものがありますが、身体の片方だけに痛みを起こす、特別なものもあるのです。

この記事は、腰痛の原因と石神井さくら鍼灸整体院での治療方法のほか、自分でできるセルフケアなどをご紹介したものです。

目次

腰痛の原因とは

腰痛には急性と慢性がある

腰痛には急性腰痛、慢性腰痛があります。

急性は俗に「ぎっくり腰」などと言われるもので、腰椎捻挫、筋・筋膜性の腰痛、腰部挫傷などです。

一方の慢性腰痛には椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、炎症性腰背部痛(感染性脊柱炎) などがあります。

 背骨を挟んで片側だけが痛む腰痛の場合はぎっくり腰(急性腰痛)に多く、背骨を挟んで両側又は腰全体が痛む場合は慢性腰痛に多く見られます。

腰痛の急性期には安静が必要です。けれども、寝ているだけで腰痛は治りません。また、腰痛には慢性化しやすい傾向があります。場当たり的なものではなく、根本的な対策を行うことが大切です。

腰痛の原因は腰への負担

腰痛の主な原因は、長時間のデスクワークや立ち仕事、重いものを持つことなどによる筋肉への負担です。

ほかにも激しい運動によって椎間板に負担がかかることで、神経への圧迫が生じているケースもあります。

つまり、腰への過剰な負担が腰痛の原因となるのですが、慢性の場合は負担の蓄積、急性の場合には一時的に掛かる大きな負担によって引き起こされることが多いです。

腰痛の共通原因は重心バランスのくずれ

急性腰痛・慢性腰痛に共通して考えられる腰痛の原因には、重心バランスの崩れがあります。

不良姿勢や不良姿勢からくる骨格のゆがみのほか、睡眠不足、お仕事による過剰なストレスにより、重心バランスの崩れが起こります。

そのためバランスを取り戻そうと余計なところに力が入り、1番ストレスが集中しているところに痛みが出やすくなるのです。

この場合、バランスを崩している原因を一つ一つ取り除き解消させることで、痛みが消失しやすくなります。

腰の片方だけが痛くなる原因とは

最大の原因は身体のクセ

身体の外観は、おおむね左右対称にみえます。しかし、身体の使い方は左右どちらかに偏っている方がほとんどでしょう。

たとえば利き手や利き足のほか、デスクなど作業スペースの配置などによって、右側もしくは左側に偏った姿勢や動作が日常化している事例が多くみられます。

その結果、身体の片側ばかりに負担が掛かったり、あまり動かさない側の筋肉が硬くなったりするのです。

これらのような身体のクセによって、身体のゆがみや筋肉の緊張が生じ、片側だけの痛みとなって表れてきます。

内臓の疾患が原因かも

外観とは異なり、身体の中身は左右対称ではありません。たとえば胃や脾臓は、身体の左側に位置しています。

肺は左右にありますが、右と左では形状が異なっており、大きさは左側のほうがやや小さめです。

他にも最も大きな内臓である肝臓は右側にあるなど、内臓の配置は左右非対称となっています。

腰の片方だけが痛い場合、これらの内臓に何らかの病気が隠れていることも考えられます。痛み以外に発熱や食欲不振などがみられる場合には、内科なども受診されることをおすすめします。

なお、一般的に心臓は身体の左寄りにあるといわれていますが、実際は中央に位置します。

心臓の4つの部屋の内、左側の左心房と左心室の2つの部屋の筋肉の壁が厚いため、心音が左寄りに聞こえるので、左寄りと勘違いされているのです。

心音とは弁が閉じる時の音であり、心周期各自相の境界点で弁の解放や閉鎖などが関与して出現します。

右側だけが痛いときの治療法

整体で重心バランスを正す

身体の片方だけの痛みの治療では、根本整体・MSM療法を行い、骨格のゆがみや筋肉の緊張を取り去り、バランスの良い姿勢を取り戻していきます。

腰痛の急性期には、アイシングを行って冷やすことが有効ですが、根本整体では炎症や腫れがあっても患部以外の治療で対応できるので、治療可能となっています。

根本整体とMSM療法の違い

根本整体

◎慢性的(3ヶ月以上)な痛み
◎急性的な痛み
◎痛み、シビレがある
◎筋力低下、関節可動域の減少
〇炎症、腫れがある

慢性・急性のどちらにも対応できるのが根本整体の強みです。

MSMメソッド

◎慢性的(3ヶ月以上)な痛み
◎筋力低下、関節可動域の減少
〇痛み、シビレがある
×急性的な痛み
×炎症、腫れがある

身体の片側だけが痛いときのセルフケア

身体を冷やさない

冷えは、万病の元といいます。身体を冷やすことで血流の悪化や免疫力の低下を招き、病気や身体の痛みを引き起こすからです。

入浴時にはシャワーではなく、ぬるめのお湯を張った湯船にゆっくり浸かることをおすすめします(39℃から40℃で20分から40分間、腰湯で浸かるのが理想、寒い時は肩にバスタオルを掛けます)。

また、夏場の冷房にも注意が必要です。ひざ掛けや上着などを活用して、冷えすぎないようにしましょう。

軽い体操も効果的

痛みが強いときは、安静第一です。しかし痛みが治まってきたら、少しずつ活動を再開してください。体操は、ラジオ体操などのような軽いものがおすすめです。

ストレッチは呼吸を止めず、無理のない範囲で行いましょう。なお、体操は施術院のアドバイスを受けてから行うと安心です。

ウォーキングも忘れずに

歩くことは、とてもよい運動です。運動効果を高めるためには、両肘を曲げ(70~80度の角度)、両腕を大きく振って歩きます。

ウォーキングの時間は40分くらいが理想です。体調をみながら少しずつ時間を延ばしていきましょう。

入浴・軽い体操・ウォーキングは、身体に負担を掛けずに血行を促進したり、身体を温めたりする効果が高いのでおすすめです。

日常生活面でのセルフケア

運動も大切ですが、それ以上に多くの時間を過ごしている日常の生活シーンでのセルフケアは重要です。

椅子に座る時

骨盤を歪ませないようにすることが大切で、椅子の座面にお尻を置くときは慎重にゆっくり行ってください。
身体に合った高さに調整することも重要です(両足裏が自然に床につく高さが適切です)。

浅く腰を掛けて背もたれにもたれかかったり、足を組んだりする癖のある方は、特にご注意ください。

また、長時間座りっぱなしにならないよう、時間を見つけてこまめに立ち上がったり、少し歩いたりするように心掛けることも大切です。

階段昇降

階段の上り下りは、ゆっくり行うようしましょう。特に降りるときには負荷が大きくなり、膝関節など特定の部位に痛みが生じることがあります。

また、階段で転べば大怪我につながりかねません。急ぎ足ではなく、ゆっくり一歩ずつ踏みしめながら行ってください。

毎日の習慣は、身体に大きな影響を与えます。無意識に行ってしまう悪いクセや習慣を、意識的な行動で上書きしていきましょう。

整体院ならではの幅広い治療で、ツライ慢性痛を根本から改善しませんか?

根本整体¥8,800(税別)
初回特別価格¥5,600(税別)【60分】でお試しいただけます。
(税込¥6,160)
初回の方に限ります。「初めての予約です」とお伝えください。

石神井さくら鍼灸整体院
ご予約・お問合せ:03-3904-1788
受付:9:00〜18:00(土日祝は17時まで。※祝日は休業の場合があります)
最寄駅:西武池袋線「石神井公園駅」から徒歩4分
住所:東京都練馬区石神井町3丁目27-4

電話受付時間:9:00〜18:00(土日祝は17時まで)

よかったらシェアしてね!
目次